« 普通だ | トップページ | 就業体験の準備 »

2013年10月30日 (水)

最後の就業体験

障害ではなくて、障がいと書く運動に参加中です!

 

我が家の長男ともぽんの描いた絵などを紹介するサイト「ともぽんの絵」をよければ、観にいってみてください。

※ただし、今は、変なことになっております。現在、新ともぽんの絵を作成中。(完成時期は未定~)

 

************************************************************

もうすぐ高等支援学校での最後の就業体験があります。

 

ここまで、長かったなあ。

 

でも、あとちょっとだ。

っていうか、あとちょっとで卒業なのに、

まだ行先が決まってなくてどうする!!

って感じですが、

とりあえず、就業体験をこなさないとね。

 

ともぽんは、

前期の就業体験で大失敗をしたので、

作業所への就業を諦めざる負えないことになってしまった。

母がもっと考えて行動してやっていれば違ったかもしれないが、

おまぬけな母で、すまん。

 

今回の就業体験は、

作業所系ではなく、

生活介護系。

 

まあ、なんだね。

ワンランク下がった・・・・

みたいな感じだが、

でも、ともぽんにとって、のびのび通えればよいさ。

 

最近は、なんだかさばさばしている。

妙な緊張感が抜けて、親子ともにさばさばしている感じがする。

 

やっぱり、作業所は、無理だったかね。

背伸びしていたかなあ。

 

これから就業体験をなさる障がい児の親御さんは、よく考えてね。

自分の子供に合うか合わないか、

それが一番重要ですわ。

 

 

ただ、やっぱり悪いことしたなあ。

と思う。

 

前期の就業体験では、プレッシャーのあまり、ともぽん大不調で、

動かない。

動けば、多動で仕事しない。ぴょんぴょん跳ねる。

(この跳ねるのが一番嫌われる~)

落ち着いてさえいれば、非常に戦力になる働き手。

 

で、作業所のスタッフの方にも、作業所の先輩達にも

嫌がられていたようで、

3週間さぞストレスを感じていただろうなあ。

と思う。

興奮気味の時に使うお薬をもらってあったが、

こんな時に使用していいものかどうか、

母が躊躇している間に、

就業体験は終わってしまった。

もし、

医師に電話して、

使用の有無を確認していれば、

薬を使用していれば、

今頃は、作業所への入所が決まっていて、

来年は、

家の近くの作業所へ元気に通えたかもしれない。

 

そして、いずれは、就業ってことも考えられたかも

かも、かも、かも、かも(一体いくつかもを並べるんだ?)かも

しれない。

生活介護関係へ通所が決まれば、

口では、「落ち着いたら作業所へいけるようになるかもしれないですね。」

と言っていても、

そんなに簡単にはいかないだろう。

ずっと、このまま生活介護かもしれない。

 

本当におまぬけな母ですまん。

君の将来を潰してしまったかもしれない。

 

でも、ずーと生活介護でも

君が幸せならそれで良いね。ね!ね!

 

 

 

しかし、まだ、生活介護系に行けるかどうかもわからない。

 

そこでもだめなら、

 

自宅待機だなあ。

 

まあ、それも良いね。

うちのことを手伝ってもらおうかね。  

 

人気blogランキングに参加しています。  m(_ _)mののり‐なっとに、1回クリックしていただけると嬉しいです。

↓ ↓ ↓

Banner_03_4

|

« 普通だ | トップページ | 就業体験の準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139033/53485295

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の就業体験:

« 普通だ | トップページ | 就業体験の準備 »