« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

ミスインプリンティング

 ゆうたんは、ものすごい勢いで言葉を覚えていっている。

毎日のように新しい言葉を口にするようになった。

動物の名前もかなり言えるようになった。

Inuneko01

    

Inuneko02_1

    

Inuneko03

・・・・・・・・・・・(^_^;)ちょっと、インプットミスがあるようで

犬を、「ねこ(猫)」と言ってしまう。何度言いなおしても、直らない。

しっかり、根付いてしまったらしい・・・・どうしよう。

   

こんなミスインプリンティングは、他にもあって、

滑り台のことを・・・・・・・・ブランコ

お菓子をあげることを・・・・・・半分こ

と言ってしまう。

 

まあ、当らずとも遠からずの可愛いミスですけどね。

こんな間違いをしても許される幼児だから、これからも可愛いことたくさん言ってね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

ボクも一緒!

 朝、お兄ちゃん達の登校の時、ゆうたんには楽しみなことがある。

一緒に登校するお姉ちゃんと手をつないで歩く事。

道の角へ来るまで、手をつないでもらって歩くと一緒に登校している気分になる・・・・・のかな?   

しかし、雨が降っている日は、

Touko02

玄関でお兄ちゃん達とは、お別れ。

だので、

Touko01

20分ぐらい玄関でひっくり返っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

ブラザーズ・グリム

 映画「ブラザーズ・グリム」を観る。 

勿論 グリム兄弟のお話。

思っていたのと違ったけど、予想を裏切られてちょっと面白かったです。

いろいろな物語が混ざりこんでくるのが、面白かったなあ。

赤頭巾ちゃん、ヘンゼルとグレーテル、ラプンシェル、ジャックと豆の木などなど

でも一番意外だったのは、

お兄ちゃんだと思っていた老け顔のほうが弟で、いかにも軽そうな若っぽい顔のほうが兄だったことだな。 

配役ミスじゃないの~という気がする。

家で気軽にみるにはちょうど良いB級映画でした。

  

今DVDで観たいなあと思っているけど、今いち恐いので手がでないのが、

「ソウ」という映画。

スリラーなの? 密室物? オカルト? 何だかよく分からないのだけど、「ソウ2」というのが作られたところをみると面白かったのかしら。 タイトルから内容が想像できない映画ですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月27日 (水)

探し物

突然、耳が痒くなってしまった。

Mimikayu01_2

そこへ、お兄ちゃん のそーと登場!

Mimikayu02

「立ってる者は、親でも使え!」っていうくらいだから

息子は、勿論使う。

母:「ともぽん、綿棒探して~」

と:「ない!」

そんなに力入れて言わなくても・・・・・・・

母:「もう1度探してみて~」と言いつつも

無理だろうなあ、と諦めて・・・・・

Mimikayu03

      

       

Mimikayu04

しばらくしてから、

と:「ない!」と言いつつ綿棒持ってきてくれました!

母:「ありがとう!まだ探してくれてたの~」

いつもは、さっさと探すのを諦めるタイプ(っていうより最初から探さない)

なので、期待してなかったのだけど、探して持ってきてくれた。

これで、耳をこちょこちょできる~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

ゆうたん満2歳になりました

Dsc00927

今月9月23日、秋分の日、ゆうたんは、満2歳になりました。

これは、お誕生日のケーキ!アンパンマン好きのお子様を持つお宅では、どこでもアンパンマンケーキになさっているのではないでしょうか?

ゆうたんは、アンパンマンの顔を全~部食べたそうです。(お母さんは、残念ながらこの時は、いませんでした。)

     

 最近ますます生意気になっていくゆうたん。 とうとう本当に魔の2歳児です! 

チャイルドシートは、自分で乗り降りしないとあばれるし、食事用の椅子も1人でよじ登るし下りられる(椅子の上り下りは、危ないからやめてほしい)、何かと自分の思いどおりでないとひっくり返る。・・・・・・・・お兄ちゃんの時の悪夢再現! 自閉症か?と、心配になるからやめてほしい。 

お手柔らかにね、ゆうたん。 これからも可愛いお話聞かせてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

私の夢

 子供が生まれた時、いろいろなことを考えた、母になれば、みんなそうだろうけど。 今生まれたこの子は、どんな人生歩むのかなあ(こんな人生とは思うまい)とかどんなすごい職業につくのかなあ(高収入は望めないなあ)とか、どんな女の子と結婚するのかなあ(結婚できないだろうなあ)とか将来の夢をふくらませていただろう。 でも、これらの夢は、すべて水泡に帰したね。(残念ながら)

  

 しかし、障害児だって幸せな人生は歩めるし、もしかすると思いもかけず高収入が望めるかもしれないし、健常児だって結婚できない男は多い!! それにお母さんがいるじゃないか!ってことで、気にしないことにしよう。

 ただ障害が分かる前にいだいていた夢が修正を余儀なくされているのは事実だから、やっぱり少々の落胆はある。 しかし、これは、健常児でも同じこと、親の思い通りには、育ってくれませんからね~。

     

 でも、まったく変化のない夢もある。 

それは、ともぽん、お父さん、お母さんの3人(当時はまだ3人だから)で、お酒を飲むこと。 これは障害があっても、3人健康であれば、全然問題ない。 ともぽんが成人したら、金曜日の夜にでも、DVD観ながら、お酒を飲み、ともぽんお手製のつまみで、のんびりしたいね。

 えっ!つまみは、ともぽんが作るの?って そうです。 つまみは、ともぽんにぜひ作ってもらいたいね。 (勿論お母さんも手伝うけどね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

つまみ食いじゃないの~?

 ともぽんは、味見が好き、っていうか多い。

夕飯を作っている時、台所へふらふら来ては、味見をしていってくれる。

味見のうちはいいけど、味見の対象がともぽん好物だったりすると

Tumamigui

(ハッシュドビーフやシチューなどは特に多い)

    

と:「味見する~」と言いつつごっそり小鉢に盛って食べている。

味見というよりは、つまみ食いじゃないの~って突っ込みを入れたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

お弁当は?

 朝食後、ともぽんが一言。

Bento01

今 7時5分・・・・・・・  7時35分には家を出る・・・

Bento02_1

      

      
慌てて作りましたが、何とか ともぽんのお弁当出来上がり~。

それにしても、

母:「何にも入れるものないや~」と言いつつ作った

あり合わせお父さん弁当とその後急いで作ったともぽん弁当の違いって何!

Bento03

      

Bento04

       

これって、愛情の差? それとも・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

夫婦でアルバム整理

 本当にうちのだんなは、口が悪い。

最近、パソコン内のデータの整理に伴い、アルバムの整理も実施しないといけなくなったので、せっせとアルバムに整理していると、

父:「何で今更そんなこと(アルバムの整理)しているの?」

母:「今しないと、どんどん忘れそうだから!」

父:「もうすでに忘れてるんじゃないの~」

母:「なんだとう~」

    

 しかし、本当にすでに忘れている物がありそうーです。

ともぽんの運動会の写真などは、一緒に写っている先生や競技でいつの物か判別つくけど、お祭りなど、親と子しか写っていないものは、判別不可能!! 2人で話し合った末、一応何年の物かを決めたけど、あっているのかは不明(いいかげんな親です)

母:「これ、1年生かな2年生かな?」

父:「こっちのはっぴは、小若で、こっちのはっぴは、中若になっているから、こっちが1年で、こっちが2年じゃないか?!」

母:「そうだね。1年生の時に 中若で、2年で小若ってことは、ないよね~」

と2人で、いいかげんなジャッジで写真の年数を決定。 まだまだ写真はたくさん有ります。 思い出しながらの作業は、最近流行の脳力アップに・・・・・なるかなあ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

味噌の味見

ともぽんの絵に新作絵日記アップしました。 よければ見てやってください。

      

 夕ご飯を作っている時、ともぽんが台所へ来て、

味噌をひと舐めして、一言。

と:「味噌の味見!」

 Misoaji    

鉄人!今日の味噌の味はいかがですか?

      

ともぽん、味噌のつまみ食いが多いなあ。

若いから塩分足りないのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

耳かき

 夫婦そろって今一番のお気に入りアイテムは、耳かき。

いつもは、100円ショップかもらい物が多い家では、珍しく、

1本、1980円のお品。(なくしたらどうしましょう~)

Mimikaki01

Mimikaki02

この3重にカールした部分がごっそり耳垢を取ってきてくれる。

痛くないしね。

ちゃんと置き場所決めてなくさないようにしないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

お母さんも誉めたいのよ!

 昨日は、敬老の日ということをすっかり忘れておばあちゃんの家へ遊びに行ってきました。 やーすっかり忘れてたなあ。 でも可愛い孫の顔を見せたということで、許してもらおう。(敬老の日は、孫達がするもんだしね へへっ)

 まあ学校がお休みだったので、今日はのんびり過ごしました。 ともぽんは、自分でシャーベットのおやつを作って食べていました。 おやつを食べた後、その皿が片付けてなかったので、

母:「お皿ちゃんと片付けて」 (それほど強く言ったつもりはないのだけど)

と:「お母さん!!」 (すごく反発した言い方)

ちょっと注意しただけなのに、とーても反抗的に言い返すので、困りものです。

母:「ちょっと片付けてと言っただけでしょう。怒る事じゃないでしょ(この理論も変だな)」

     

しぶしぶ片付けるともぽん。で、

台所へ片付けに来たともぽんへ

母:「おっ、えらい、えらい。 お母さんも、もっと誉めたいのよ。誉められることたくさんしてよ(これもなんとなく変な理論)」

と言うと、ともぽん何となーく、照れてる様子。 

ふふん、まだまだ可愛いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

50万円で直る!?

 最近おばあちゃん(私の実母)が訊いてくることがあります。

祖:「この間検査してたけど、結果は出たの?」

この間書いた尿検査と検便のことである。http://nori-natto.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_963e.html

母:「まだ、結果が出るまでには、1か月ぐらいかかるよ」というと、

祖:「ふうん、早く結果が出るといいねエ」

      

私の母は、どうやら、検査の結果、ともぽんの障害の原因が分かって、障害が直ると思っているようだ。 う~ん、困った。 直るとか直らないとかいう話ではないのだけど・・・・

何度かともぽんの障害のこと説明したけれども、おばあちゃん、人の話聞かないし。 

が、おばあちゃんのことで、心配なことが出てきた。

    

少し前の話になりますが、2人でお茶を飲んでいる時、突然おばあちゃんが私に話し始めた。

祖:「実はね、○○○にね、お祈りしてくれる人がいてね等々・・・・、でね。50万円払うとね。1年間お祈りしてくれてね。 身体中の毒を外に出してくれて、ともぽんの障害がね、直るんだって・・・・・・どうやってみない? 50万円なら出してあげるから」

って、おばあちゃんそれだけは、やめて!!

とりあえず、お祈りしてもらわないことになったけれど、未だに、その話のことをちらっと言うことがあるので、まだ(お祈りしてもらうことを)諦めていないのかもしれないしれない・・・・・・・・・本当にやめてよね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

頬袋?

  床にともぽんの算数ブロックのパーツがばらばらになって落ちていたので、

ともぽんに訊ねてみた。 

母:「この中の磁石どこにあるの?」

と:「ない」

う~ん。弱った。磁石なので、ゆうたんがいたずらすると困るから

絶対見つけたいなあ。言い方を変えてみるか。

母:「この中の磁石どこにあるか知ってる?」

と:「ここ!」

ともぽんがビシッ!と指し示した場所は、

Hohobukuro01_1

頬袋にえさを詰め込んだ小リスのように口もとをもぐもぐ・・・・・・・

頬を押してみると、出てきた。出てきた。

Hohobukuro02

 もう口に物を入れることはないと油断していた。

まだ、まだ、油断できないなあ。

   

それにしても、ともぽんから正確な情報を得るのはとても難しい。

言い方一つでともぽんからきけることが違ってしまう。 

でも、今回は、教えてくれて助かった~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

データ整理月間

 ただいま我家は、データ整理月間です。

何のデータ?かといえば、パソコン内のデータです。

ゆうたんの誕生を機会にデジカメを買ったこともあり、

我が子達の写真を取りまくり!

で、パソコン内には、整理されない番号のみのデータがどっちゃりとなりました。

何だか、メモリーが重そう~な気がして、「このままでは、いけない!」

これを機会にデータを整理して、写真にプリントアウトして、アルバムに整理して、パソコン内の余計なデータを消去しないと、何が何やら分からなくなってしまう。 (私の頭の中もごちゃごちゃです)

 お兄ちゃんの運動会の写真なんて、どれが何年生の写真やら・・・・・!

はたして、ちゃんと整理できるか?

 デジカメのデータの上手な整理のし方ってあるのでしょうか?

一応、CDRにコピーして保存しておくつもりだけど、でもこのデータ今後使用することあるのかしらねえ~? なんだか使わなそうな気がするのだけど、プリントアウトした後は、破棄したほうが、楽チンかなあ? 

 よそのお宅では、どうしているのだろう? 写真のネガみたいなもんだし、残しておいたほうがいいかなあ・・・・やっぱり。 悩みは尽きない・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

辛~い

 最近のゆうたんは、まねっ子です。何でもまねする。

特にお兄ちゃんのまねは多い。

Mene01_4

と:「(ご飯)おかわり~」

ゆ:「おこーいー(おかわりの意味)」(まだご飯あるのに)

Mene02_3

と:「ふりかけ(かけて)」

ゆ:「ここっ、ここっ(僕のにもかけて)」

Mene03_3

と:「はあー、辛~い」

ゆ:「からーい」

って、お兄ちゃんのは、辛明太子味のふりかけだから、辛いだろうけど、

ゆうたんのは、普通のふりかけ(「さるかに合戦」っていう奴)だから辛くないはず。

ゆうたんは、なんでもお兄ちゃんのまねしたいのねエ。

そうやって、いろいろなこと覚えていくんだね。

でも、なるべくなら良い事だけまねしてほしい・・・・(空しい願いだろうけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

悠仁様・・・・ぜんぜん関係ないですけど

 秋篠宮家の新しい一員、親王様のお名前が決まった。

「悠仁親王様」である。

おおっ。この字は、ゆうたんの名前を決める時に候補に上がった字です。

悠、裕、優、勇、祐・・・・・・どの字にしようかと話あった結果、

おじいちゃんから1字いただいて、上の字からではない「ゆう」の字で名付けました。

それが、どうした!と言われそうですが、まあ、同じ9月生まれの男の子ってところが同じなので、何となく親近感がわく~。

    

 我家でもちょっとした皇室ブーム(ミーハーな親です)

美智子様がお作りになった「ナルちゃん憲法」を参考にして、

うちでも

「投げた物は、自分で取りに行く」にしましょうかね。

ゆうたんは、すぐ物を投げてしまう。 自分で、投げて落としておいて

ゆ:「落ちた~」(落ちた~拾って)なので、

自分で取りに行ってもらおうかな。

   

でも、食事用椅子に座っていると結局落ちた箸を取りに行けない・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

なんだかなあ~

 先日「ビリーの森ジョディの樹」という漫画を読んだ。

三原順という方の遺作になる。

昔好きだった漫画家でしたが、数年前に病気で他界なさったことを先日知った。 この間リサイクルショップを覗いたらあったので、読んでみることにした。

 主人公は、知的障害児ビリーというい男の子とそのビリーと誕生日が同じ日であるジョディという女の子のお話です。 知的障害児のことやその家族のことなど本当によく描けてるように感じました。 この方の身内か知人に知的障害者がいるのかなあというくらいよく描けている。 知的障害児ってこんな風に感じているのかと思えるぐらいでした。読後感もよくよい作品だと思うのだけど・・・・・・・・

もしまだ読んでいなくて、ストーリーが知りたくない方は、ここからは読まないでね。

 この作品、読後感はいいのですが、やはり彼ビリーの役割というか知的障害児の役割が気に入らない。

 ビリーは、軽度の知的障害児なので、だいたいの意思の疎通ができる。 だけど考え方はとても幼くて、幼い少女(ジョディ)のたわいない願いをかなえるために、殺人を犯していって、最後には、犯罪者の手先になって、スナイパーとなってしまう。  というのが簡単なあらすじです。 

 別にいいのだけど、知的障害児の親としては、知的障害児が犯罪者になってしまうというストーリーには、抵抗感がある。

    

  またちょっと前に公開された映画「ヴィレッジ」について(落ち 知りたくない方読まないでくださいね~) 

     

 この映画でも、犯人は、知的障害者だった。 (この映画の監督の前作品も犯人は、障害者) この映画での犯人役は、とても安直だと思う。 何も知的障害者が犯人でなくてもストーリー上なんの問題もないと思うのだけど。 

 まあ、「ビリーの森ジョディの樹」は、知的障害児(者)のピュアな部分を描きたかったのだと思うのだけど、やっぱり、親としては、ふに落ちない。 何となく作者に文句の一つもいってみたくなる。 レター(または、メール)を出せないのは、まったく残念です。

 親としてはもっと前向きなストーリーがいいね。 映画「フォレスト・ガンプ」みたいな。

    

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月12日 (火)

仏法僧?

 ゆうたんが、時々

ゆ:「ぶっかーまー」と言い始めた。

何だろう? 確か

「ぶっぽうそうー、ぶっぽうそうー」鳴く鳥がいたなあ。

あれの真似? んなわけないか。

Bukama_1

いえいえ ゆうたんは、

ゆ:「ぼーくーも~(僕も)」と言っているのです。

お兄ちゃんがご飯のおかわりなどした時によくきかれます。

だから、「ぼくもおかわりする」という意味かと思っていたら、

違うようだ。

ゆうたんは、ふりかけのことを『ぼくも(僕も)』と覚えたらしい。

だから、御昼ご飯などでお兄ちゃんがいなくても、

ふりかけを指差して

ゆ:「ぶっかーまー」と言っております。

   

修正が大変だ・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

ゆうたんはすごい!

 ゆうたんは、すごい! 何がすごいって、大人の言ったことをすぐ真似して言う事ができる。 大人の真似をしてお遊戯ができる。 って、これって普通?なんだろうなあ、やっぱり。 

でも、ともぽんの時には経験できなかった感動なので、毎日の成長が目に見えるゆうたんには感動しっぱなしです。 

「あまり兄弟同士を比較しないように」とは育児書、教育書には書かれてあるが、やはりあまりの違いに驚いてしまう。

何が違うって、育て易さが違う! まあ2番目ってこともあるだろうけど、

ともぽんは、なかなか寝ない。  ゆうたんは、比較的すぐ寝る。

ともぽんは、動作が遅い。 ゆうたんは、動作が機敏(比べてだけど)。

ともぽんは、好きなキャラクター無し。 ゆうたんは、アンパンマンが大好き。

  

 昔、ともぽんが階段を上がり始めた時、心配なので、上り下りの時には必ず付添っていたけれど、その動作の遅さに当時は、いらいらさせられた。 しかし、こんなものだと思って諦めていた。 よそのお宅でもお母さん達はいらいらして子供達の上り下りに付き合っているのだとばかり思っていた。 が、ゆうたんが階段の上り下りをしだして気が付いた。 ゆうたんは、最初からばかすかどんどん階段を上がるので、いらいら上り下りを待つ必要はないことに。 もう今は、手を使わずに階段を上っている。 下りる時も必要な時しか手を使っていない。 

 箸の持ち方にしても、ゆうたんにどうやって教えようかと思っていたら、いつの間にやら、正しい箸の持ち方で、ご飯を食べるようになっていた。 もう片方の手には可愛らしくご飯茶碗を持って! ともぽんが今だに半分ぐらいは、握り箸になってしまうのに比べるとビックリする。  「しつけ」をわざわざする必要はなく、正しい手本を示してやるだけで、しつけになっていく・・・・・なんて楽!

 健常児のお母さんって楽してるのね~と思ってしまう。 確かにこんなにどんどん教えたことや教えないことを覚えていってくれれば、育児は愉しいだろうなあ。とつくづく思う。 ともぽんの時は、本当に愉しくなかったですから・・・・・・・・

 ともぽんの育児が愉しくなったのは、意思の疎通がしやすくなった、年中、年長、1年生以降だ。  

     

 でもね。ゆうたんの育児が楽っていうのは、お兄ちゃんの存在も欠かせない。 ちょっとした買物の時やちょっとした時に、お兄ちゃんがいてくれるので、楽なのです。 お兄ちゃんは、頼りになる存在なんです。     

  

今、ゆうたんの子育てがどんなに愉しくても、やはり1歳児(もうすぐ魔の2歳児)、生活面で、あまり手のかからなくなったお兄ちゃんに比べると、やはり大変です。 今日も夕方に昼寝がずれこんだので、夜10時になっても寝てくれない。 育児が愉しいと、ほんの数行前に言った次男坊は、今ビデオ観賞をご所望です。 これ観たら寝てほしい。 たのむ。

   

※追加  このあと、寝かしつけに行ったところ、3分ほどで寝てしまいました。 やっぱりゆうたんの育児は、楽~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

予知夢?!

 少し前のことですが、今思い出してもドキドキするような夢を見ました。

それは、・・・・・・・・・

 

ここからは、夢の中での話しね。

 我家にともぽんの通う養護学校の女子生徒のご両親が来て、

両:「うちの娘は、妊娠している。 父親は、お宅の息子だ!

どうしてくれるんだ!

こちらとしては、娘のお腹の中の子は、堕ろしたい。」

と、突然言われる。

そして、当の娘さんは、

娘:「この子を産みたいです。私達結婚したいんです。」

そして、ともぽんは

と:「結婚したい。」

両:「障害児に子供が育てられるか! 

それにいったいどうやって生活していくつもりだ!」

と女子生徒のご両親はものすごく怒っている。

当たり前だろう。 障害のある娘が他の障害児に孕まされたのだから。

   

なんだかんだと話し合いがあって、

母:「とりあえず、産ませてみてはどうでしょうか?

せっかく授かった命ですから・・・・」

ともっともらしく夢の中では言っているが・・・・その場になったらなんと言うのかなあ?

   

結局結論が出る前に夢から醒めてしまった。

ともぽんも結婚して、孫の顔が見たいなあ。という私の願望が夢となって現れたのだろうけど、実際には、こんなことは、無いだろう。

もしも、これが正夢だったら非常に困る。

こんなハードな状況になりませんように・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

ナスビ親父

 ともぽん父は、とっても口が悪い。

が、正論を言っていることが多い。

でも、言い方が気に入らない。

Nasuoyaji01_1

父:「太ったね」

母:「太ってない!」

父:「ううん、太った!、なんで怒ってるの?」

母:「本当のこと言われると人は怒るんだよ」

母:「本当のこと言う時は、遠まわしに言うもんだよ」

と言い返すと、

Nasuoyaji03

Nasuoyaji04

Nasuoyaji05

なんだか、なんだか・・・・・

Nasuoyaji06

なんだか、ナスビみたい・・・・・・・・

Nasuoyaji07_1

   

それって私が怒ったから、笑わせようとして言ったの?

悪いけど、そのギャグすべってるよ! ナスビ親父!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

肩こり1歳児?

 ゆうたんが玉ねぎの皮をむいている。

夜なかなか寝ないので、居間で遊ばせていたら、

いつの間にやら、真剣に玉ねぎの皮をむいていた。

ただひたすら玉ねぎの皮をむいていた。

 Katakori01    

  

         Katakori02

  玉ねぎはすっかり裸ん坊です。

     

「食いしん坊のお化けの子 夜中にこっそり出てきて

冷蔵庫のドア開けて 丸い物をつまみ食い

・・・・・・・・・・・

剥いても 剥いても 中身が無い~♪

なんだろうな なんだろうね

玉ねぎ! 残念でしたまた来てね~♪」

という歌を思い出した。

   

ところで、そのお父さんがさっき貼ったシップの透明シール

肩に貼っているのは、シップのつもりですか?

肩こりの1歳児ですか?

Katakori03_8

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 7日 (木)

宿泊学習

 ともぽんが、宿泊学習に行って帰ってきました。

始めて2泊3日も親元を離れての長~い宿泊学習です。

とはいっても、初日の夕方は、お父さんがお風呂の補助、

2日目のハイキング(山登り)は、お父さんと一緒でしたけど・・・・

それでも、夜は、1人だし、上の二つ以外は自分でこなしてきたことになる。

先生やお友達の補助付きですけど・・・・・

    

参加しなかったものもあります。 初日の月光ハイキングです。

やはり夜の山道は不安ということもあるし、

ともぽんが異常に興奮しても、その後が大変との考えで、

みんなが月光ハイキングに行っている間に

お父さんとお風呂に入って

この宿泊所でのお風呂の使い方を教わったようです。

だので、2日目は、1人で入りました。

    

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2日目のハイキングは、お昼を挟んで6時間もの行程で、

歩けなくなる子やばててしまった子などいろいろだったようですが、

ともぽんは、最後までがんばって歩いたようです。

と:「がんばれ~」と自分を励ましながら。

えらい!えらい!

  

お父さんとはいえば、

父:「もう、行かないぞ!」だそうです。

雨の中での強行軍だったので、どろどろで帰ってきました。

ともぽんは、雨合羽が破れてしまいました。(100円ショップのですけどね)

      

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

帰ってきたともぽんは、たくましくなったような、変わらないような・・・・

1人で泊まれることが分かり、親としてはほっとしています。

ともぽんも、成長したものだと思います。

以前年長さんの時にもお泊まり会がありましたが、

寝ては、泣き、寝ては、泣き、だったので、

付添いのお姉さんが眠れなくて大変だったそうです。

今回は、2日とも夜は、ぐっすりだったようです。

  

ともあれみんな無事に帰ってきてくれたので、ほっとしています。

   

お父さんの感想が

父:「宿はよかった。美味しかったし、量もたっぷりで、

あれで、8000円(お昼の弁当付き)は安い!」

お父さんは、ともぽんのために宿泊所の近くの民宿に泊まっていました。

お父さん、ご苦労様!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

真似してほしくないこと

 私には、ともぽんにやめてほしいなあということがいくつかありますが、

その中の一つが、食事の時何でも温かい状態で食べたがるということです。

ご飯少しでも冷めると(まだよそって2分ぐらいでも)

と:「チンして」

しばらくしてお味噌汁が冷めると

と:「チンして」

ほんの数本のスパゲッティを

と:「チンして」

もう とーてもめんどくさい!

しかも、「チンして」というのは、自分の家とお母さんとお父さんの実家の3箇所でのみ!

外食や給食など外での食事では決して言いません。

だから基本的には、チンしなくても十分食べられるはずなのに・・・・

でも、これも甘えているからと思えばまだ可愛いのですが、

最近困ることが出てきた。

それは、

    

ゆ:「ち・・・・・・★▲※□?」

そう ゆうたんもお兄ちゃんの真似をして「チンして!」と言いそうな気配がある!

お兄ちゃんだけなら、1食の食事時間で、約4,5回のチンですむけど・・・・

ゆうたんもだと、倍の8、10回!!

それだけは、勘弁して~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

もう秋の気配です

 夕方、ふっと時間があいたので、3人で散歩しました。

家の近くの田んぼのそばです。

稲穂が少しこうべを垂れて、

秋が近づいていることを知らせてくれているようです。

 Akikehai_1

久しぶりにのんびり~。

いつもは、柔道(7:30から)だ公文(5:30~6:30)だと

慌しいので、こんなにのんびりしている日はない。

そんなに予定を入れなきゃ良いのにと言われそうだが

予定を入れなければ入れないで、テレビを観てすごしがち

なので、予定を入れておいたほうが有意義に過ごせるだろうと

思う。  自分で遊びややりたいこと考えだせる子ではないので、

このほうがいいだろうと昔は思ったのです。

今となっては、柔道もエレクトーンも公文もどれも大事で

辞めるわけにはいかない。

柔道はせっかく先生方もよくしてくださるし、

エレクトーンは今度から両手での練習に入る。

12月にはコンサートもある。

公文はやはり辞めれない。

これからもともぽんは急がしそうだ!

だからこんなのんびりできる日を大事にしよう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

自由研究

 ともぽんの今年の夏休みの自由研究は、当初「リサイクル素麺流し」であった。しかし諸事情により、急きょ変更して、「縄跳びを跳べるようになろう!」になりました。

でもこれは、今考えるととっても良いアイディアであった!

なにせ、苦手な縄跳びの練習もできるし、自由研究もできるしで

一石二鳥!だった。

お母さん名アイディア!もう自我自賛しちゃう。

     

ともぽんの練習は、主に「両手に縄を持って廻す」のと

Nawatobi01_1

「ラップの芯を縄跳びの中心に固定して跳ぶ」の二通りで練習しました。

      Nawatobi02_5

練習風景を写真に撮って、

それと練習内容をノートに貼って編集。

 1日約5,6分ぐらい練習しました。

そして、夏休みの最後には、なんと

2回続けて跳べました!

夏休みは終わったけど、びゅんびゅん自分で跳べるようになるまでは、練習を続けるつもりです。 まだ跳ぶこと自体に慣れていないようなので、しばらくは、無理をせず1日20回ぐらいの跳ぶ練習を続けようかな。と思っています。

   

 昨日の練習では、もう少しで続けて3回跳べそうになっていました。 ともぽんは、あまり跳ぶ力がないようで20回も跳んでいると足が疲れて上がらなくなってしまうようです。 やはり無理せず、脚力を少しづつつけていかないとね。

   

ゆうたんも、お兄ちゃんの横で縄を跳んでいる・・・・つもり! 

でも危ないからお兄ちゃんにあまり近づかないでくれ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

う×ちがでない!

 検査のため、検便、検尿を実施。

いつも1日2.3回う×ちに行っているともぽんだから

すぐ便の採集ができるだろうとたかをくくっていたら、

待てど暮らせど、う×ちが出る気配がない! 

もうすでに尿の採集は終わっているので、

あまり尿と便の採集時間を開けたくないのに~。

   

この間は、出やすいう×ちに悩まされ・・・・・

今回は、出ないう×ちで悩まされ・・・・・

でも、昨日お昼頃無事う×ち出ました~。

さっそく発送キットに便と冷蔵庫に保存してあった尿をいれて

封をして、発送準備。 佐川急便に電話して取りにきてもらいました。

あ~やれやれ。 無事発送できてよかった~。

    

この便と尿は、U・S・Aへ航空便で送られ検査されます。

1か月ほどで結果が郵送されてくるらしい。

どんな結果が出るか楽しみなような心配なような・・・・・

    

※なんのための検査かって?

GFCFダイエットをしても効果があるかをみるためです。

自閉症児のあの奇妙な行動は実は

小麦のグルテンと牛乳のカゼインが原因ではないかと言われている。

それで、小麦(GF)と牛乳(CF)を食生活から除去しようというのが

GFCFダイエットの基本形。 

もしかしたらともぽんの好物だからと

たくさん食べさせていたラーメンや素麺

アイスクリームがともぽんには一番悪い食物だったかもしれない・・・・・

    

でも、もし検査結果でGFCFダイエットがともぽんに効果あり!

と出ても、実際には実行しないかもしれない。

というのも、食生活から小麦と牛乳を除去してしまうということは

ともぽんから食べる楽しみの一部を奪ってしまうことになるし、

自閉症がよくなったからといって知的障害がなくなるわけではないだろう。

日々いろいろストレスもあるだろうし、せめて食べる楽しみぐらい残しておいてやりたいなあ。 

小麦と牛乳などを抜くと外食もファーストフードを食べることもアイスクリームを食べることも気軽にできなくなってしまう・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

えんぴつと雲と三角形

 昨日は、9月1日、始業式です。 今日で夏休みも終わり。

またゆうたんをお母さん1人で相手しなくてはいけなくなりました・・・・・・

午前中と午後と1回づつ公園へ遊びに・・・・・・・

まだまだ日差しが強いので、焼き豚になりそうです!

    

お兄ちゃんは、いきなり昨日から6時間授業でしたが、

元気に学校から帰ってきました。 やれやれです。

学校から帰ってきたら、いきなり

と:「えんぴつと雲と三角形!」と言うではありませんか。

えっ! 確かともぽんには、ブログのこと教えてないはずなのに!

なぜ知っているの? 

学校で先生に教えてもらったのか、

学校のパソコンから「ともぽんの絵」を覗きに行って知ったのかな?

どっちにしてもなんだか嬉しそうです。

    

ともぽんは、HP「ともぽんの絵」のこと勿論知っていますが、

好きなのか、喜んでいるのかさっぱり分かりませんでした。

でも、どうやらHP「ともぽんの絵」のことは好きらしい。

母としてはとても嬉しいです。

   

でも「えんぴつと雲と三角形」のことは、

あまり言いふらさないでね。恥ずかしいから・・・・ね!ともぽん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

禁断領域へ?

 ゆうたんがとうとう禁断の領域へ入ってしまった。

そう、戦隊ヒーロー物に興味を示し始めたのだ。

本屋へ行けば、

ゆ:「こえ~、こえ~」(「これ何?」かな?)と言って指さしているのは、

仮面ライダーカブトの絵本だし。

スーパーへ行って、

ゆ:「こえ~、こえ~」とボーケンジャーのポスターを指し、

ゆ:「こえ~、こえ~」(「これ知ってる!これ買って」かな?)と言って持ってきたのは

Cimg2485_2

      

うちではまだ1度も仮面ライダーもボウケンジャーもみせてないのに。

男の子は、教えなくてもこういうものに引かれていくのかなあ。 

 

                        

 ところで、夏休みの始めに学校からカブトムシを貰ってきた。

先生には悪いけど、ともぽんはぜんぜん興味なし。

変わりにゆうたんが興味深々で

お母さんがカブトムシの世話をしていると覗いている。

カブトムシにはいい迷惑かもしれない。

時々虫かごごとふりふりされます。それに彼は、

カブトムシのご飯、カブトムシ・クワガタゼリーを狙っているらしい。

ゆ:「まんまゼリー」

・・・・・・・・・・・とてもほしそうです。

     

 ところで、先日外遊びに行こうとしたゆうたんの足元に

黒い塊が落ちていました。何かな~と覗くと・・・

Cimg2489

何とクワガタムシのメス!でした。 

やった~。メス ただで ゲット!    ではなくて、

お腹も空いておいででしょうから、ムシゼリーをご馳走しようと

虫かごへご招待!!

   

ところで、誰かが飼っていたものが逃げ出したのかしら?

でもとても小さいので天然ものだよね?・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »